9月になると、秋の日本酒が入荷してきます。「ひやおろし」とか「秋あがり」などと呼ばれています。

日本酒は、秋に収穫したお米を、気温が下がる冬の初めからお酒にしていきます。蔵や地方によって異なりますが、たいてい春先まで酒造りがおこなわれます。

昔、冬の寒い時期に仕込んだお酒を貯蔵し、涼しい蔵でひと夏寝かしたお酒を秋になって味が整ったところを、火入れせず冷やのまま樽詰め出荷したことからこのようにいわれるようです。今は冷蔵設備が整っているのでより安定した品質のお酒が楽しめます。

日本酒が一番美味しい時期と言われていますが、「しぼりたて」のお酒が好きと言う方もいらっしゃいます。

好みの問題でどちらが上とか下とかではなく、よくたとえられるのが採れたての果物が好きか、熟した果物が好きかの違いでそれぞれの良い所があると思います。

ひやおろし写真

ま、今しか楽しめないお酒ですので新酒が出来るまで是非お楽しみ下さい!