本日ご紹介するのは、大分県由布市・小野酒造㈱さんの「小野屋」という麦焼酎です。最近の麦焼酎はスッキリとした飲みやすい味にするために、減圧蒸留という蒸留方法が主流なのですが、この「小野屋」は昔ながらの良いものを見直したい。そんな願いから蔵の片隅に眠る常圧蒸留器を復活させました。

常圧蒸留は個性豊かで香ばしい味わいになる半面、癖のつよい飲みにくい焼酎になってしまう事もあるようです。「小野屋」はイヤミやくどさのない、綺麗な香ばしさやおいしい味だけがしっかり残る麦焼酎に仕上げるために、原酒の上澄みに浮く油を丹念にひしゃくですくい、布で濾す「手すき濾過(ろか)」によって、伝統的な味わいを再現しています。

ただ、とても手間ひまがかかる製造方法のため、年間5000本しか製造されません。麦の風味豊かな焼酎がお好みの方にお勧めの逸品です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA