今日は、日本酒についてのお話です。基本的な事を出来るだけ解りやすく書くつもりですので、日本酒マニアの方には物足りない内容になります。ご了承くださいませ。

日本酒を選ぶ時にまず覚えておきたいのが、「特定名称」。商品名より小さな文字で書かれている「純米」とか「吟醸」とか書いてあるやつです。この肩書きが書いてない日本酒は普通酒(低価格のお酒)になります。

「純米酒」・・・原材料が米と米麹のみの日本酒には「純米」と言う表示がつきます。

「吟醸酒」・・・原料のお米をたくさん削って(精米して)お米の良い所(芯の部分)のみを使用すると「吟醸」と言う表示になります。さらにお米が半分以下になるまで精米すると、「大吟醸」となります。

「本醸造酒」・・・純米酒に、醸造用アルコール(サトウキビの搾りかすを発酵、蒸留して造った高純度エチルアルコ ール)を加えて造った酒。ただし、加えられるアルコール量は使用白米量の10%以下。

 

基本、上記の3種類を覚えておけばあとは、精米歩合(どこまで削ったかの割合)と醸造用アルコールの使用があるかないかで、細かい名称が決まってきます。たとえば、純米大吟醸といえば、「50%以上精米したお米と米麹と水のみで造った日本酒」となります。

特定名称1酒表示

 

 

 

 

これの他に、仕込みの違い、濾過のある・なし、火入れのある・なし、貯蔵の方法などなどでまたまた肩書が増えていきます。

そして残念なのが、一部の普通酒。販売価格を安くするために純米酒(正確には酒になる前のもろみ)にたくさんの醸造アルコールを加え、それだけでは味が薄くなるのでさらに、糖類や科学調味料を加えて、味を調えた酒。

数年前までは、3倍に増やすので三増酒とも言われていました。大手メーカーの酒の一部や、安いパック酒のほとんどがこれです。宴会所でも多く使われているので、これが「日本酒」だと思っていらっしゃる方が意外と多いのは、本当に残念なことです。